てんかんについてのこと:薬の効果とバイトについて

2019年10月20日

てんかんの症状が出てしまう時には、時には大事故になってしまうことがあると言われています。

実際に、てんかんの患者さんには全く罪がなく、このような病気であるため、本当になりたくてなってしまった病気でないこと、また、ある日突発的にめまいなどや意識がなくなった時に、急いでご両親が医師の方に診察をしてもらったところ、実はてんかんの患者さんであった、というように病気のことが発覚することがあります。

そのため、このようにてんかんだとわかった場合には、薬などを、定期的に飲むことが最も重要である、とされています。
どうしても薬を飲みたくない!という方もおられる場合がありますが、効果がとても出るケースとして、やはり薬の効果は絶大であるとされています。
同時に、薬をしっかりと飲んでおり、その薬がてんかん患者さんの体に合うものであれば、本当に、とても効果的な力を発揮してくれます。

そのため、効果が出てくれば、薬のおかげで、突然の発作やめまいなどが消えることなどもあります。
もちろん、十分に注意は必要ですから、油断は禁物ですが、アルバイトなどのバイトなども行うことが出来るようになります。
ただ、上記のように、油断大敵な病気であるため、医師の指示に従って、急激にたくさん働こう!とすると、ストレスなどがとても溜まってしまい、逆に、てんかんが悪化してしまうケースもあるとされています。

このため、適度なアルバイトなど、短時間で働けるバイトが良いとされています。
同時に、決して無理をしないこと、そして指示された薬はしっかりと飲むこと、これらのことで、社会的にもしっかりとした仕事に就くことが出来るとされています。

また、職場の人に症状をあらかじめ伝えておくと、このような病気のために、色々と配慮をしてくれることも多くあります。