公開履歴
患者と説明している医者

てんかんという言葉はいまだに偏見のある言葉です。
今は随分とてんかんの治療薬も増えましたし、その原因なども分かってきていることも多いことから、てんかんと診断されても発作を起こさないようにコントロールすることが出来ます。
しかしてんかんのことをあまり知らない人、またてんかんの発作を見たことがない人は、実際に知識がなくただイメージで偏見を持っているだけなのですね。

そのイメージというのは、発作を一度起こすと、バタンと倒れて、口から泡を吹く、そして意識がなくなって白目をむいているというようなものでしょう。
これは強直性けいれんの症状の1つなのですが、てんかんと呼ばれるものの中には、身体の一部だけのけいれん発作をしめる物や、意識がなくならず意識を保ったままで発作が起きる場合などいろいろあるのです。
そのために一般の人に理解を得るには大変だと言えます。

それでもてんかんの人はきちんと定期受診をして医師の診察を受け、内服薬を欠かさず飲んでいれば、発作を起こさずに何年も過ごすことが出来るのです。
また学校生活や仕事なども支障なく行うことが出来るのです。
ただてんかんの人たちがそのように一般社会で受け入れられ生活をするためには、疾患や患者さんのことを理解する必要があるのです。

理解をするためにはどのような手段があるでしょうか。
テレビや雑誌でも時々取り上げられていますし、インターネットなどでも探すとたくさんの情報を得ることが出来ます。
特にインターネットでは専門的な医師が書いた記事もありますし、一般の人向けに簡単に説明されているものもあるのです。
そのために初心者には、簡単な説明のものを読んで理解するのがおすすめです。

記事一覧
てんかんと思われる気絶ならばすぐに専門医へ

てんかんが発症する原因はまだ未解明の部分が多くなっています。 この病気の発作は神経細胞が集団で興奮状態になってしまい、その状態が持続して痙攣や気絶、意識障害などいろいろな症状が出現してくる状態を指しています。 この神経細胞が興奮状態になってしまうメカニズムはまだわからないことが多くなっていますが、興奮状態になる原因となっている病気が発見できるときにはそれを基礎疾患と呼んでいます。 この病気は一般的に特発性のものが多く、MRIなどの検査で脳の中に明らかに異常を認めないものを指します。 ですが脳腫瘍や脳の奇形、外傷や脳の血管の分布の異常、脳梗塞や脳出血によって発症することもあります。 これらのてんかんを引き起こしている病気を基礎疾患といいます。 小さいころには先天性のものが多く、年齢とともに脳血管障害によるものが多くなってきています。 特に高齢になってくると認知症によっててんかんの合併が増えてきているのが特徴になっています。 近年はてんかんに関する遺伝子が多くわかっては来ていますが、遺伝で発病する病気ではありません。 突然に気絶を伴う意識の障害があって、てんかんの発作かもと思われる症状があってもすぐにてんかんと診断がつくわけではありません。 この病気を発症しているのだとすればどんなタイプのてんかんなのかを、専門の医師が診断して適切な治療を行っていかなければなりません。 適切な治療を行っていくためには発作の様子の詳しい分析が必要になってきます。 本人は自分の症状がよくわからないことが多くありその場にいた人の見守りや、観察が治療を行っていくうえでとても重要になってきます。 発作ではないかという症状が出始めたら、動画を撮影しておくのも適切な治療を行うのに有効な手段になります。

2019年08月23日
てんかんとスポーツ、生活保護や年金受給に関して

てんかんは突発的に症状が現れる可能性があり、一昔前はスポーツの最中に発作が生じると危険なことから、運動が制限されることがありました。 しかし現在は、スポーツを行うことで心地よい緊張感や、楽しく身体を動かす行為に発作を抑える効果があることが知られ、適度なスポーツは制限されることが少なくなっています。 しかし、頻繁にてんかん発作が起こるような場合や、てんかんがコントロールされていない状況では制限されるので注意して下さい。 また、水泳やスキー、自転車やボルタリングなど、スポーツ中に発作が起きると危険なスポーツは安全性が確保されていない限り避けるべきです。 てんかんが原因で十分に働くことができず、収入が減り生活を送るのが困難になってしまった場合、生活保護や生活を支える各種の制度を利用することが可能です。 生活保護とは、人間として健康で文化的な最低限度の生活を送り、その自立を助けることを目的として用意された制度です。 預貯金や不動産など、すべてを活用しても生活に困窮する人は、その程度に応じて必要な保護を受けられます。 生活保護を利用するためには、住んでいる場所の福祉事務所にある生活保護担当に相談しましょう。 また、かかりつけの医療機関に精神保健福祉士がいたり、医療福祉相談室がある場合は、そこでも相談することができます。 生活保護のほかに、障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金などの年金受給制度もあります。 いくつかの種類がありますが、これは初診日にどの年金制度の被保険者だったかによって違ってきます。 これらの年金を受給するには、初診日に各種の年金制度に加入していることと、障害基礎年金は障害等級1級から2級、障害厚生年金・障害共済年金ならば障害等級1級から3級の認定を受けている必要があります。

2019年08月08日
てんかんと造影剤と種類についてとは?

てんかんを持っている方は、突然意識を失うことがあります。 これは、脳のドーパミンなどとも関係があるとされており、また、てんかんをお持ちの方のケースでは、CTMまたは脳波などを調べると、一般的にてんかんがない方と比べて、脳波などが違うとされています。 また、画像で調べると、やはり同じように画像にも違う結果が示されているとされています。 てんかんの種類にはいくつかあり、光などがとても苦手な方もおられます。 現在のテレビでは、あまり影響がないように製作がされていますが、連続した光などが交互に現れるなどのショック現象を見ると、てんかんをお持ちの方の場合には、このような連続した光で気を失ってしまうことがあります。 そのため、木漏れ日を眺めていた子供たちが、突然、学校などで意識を失ってしまった、または保育園や幼稚園で、突然意識を失ってしまった、ということもあります。 また、点頭てんかんなどについては、後々に、障害などが出てしまうケースがあるてんかんですが、この場合には、赤ちゃんの時に、頭を深くお辞儀をするように行動を起こすとされています。 ただ、ほとんどの方が気づかないとされています。 このように様々な種類があります。 そして、てんかんをお持ちの方の場合には、造影剤を使った検査などを行う際には、必ず医師や看護士に自分が病気を持っているということを説明しなければなりません。 このような病気をお持ちの方のケースでは、造影剤を使った検査で、悪い影響が出るとされており、病気を誘発してしまう可能性などがある、とされています。 そのため、必ず、造影剤を使う予定のある検査では、事前にこのようなことを伝えておく必要があるとされています。

2019年07月11日
てんかんの治療方法と周囲のフォロー

てんかんは、わずかの例外を除いては、完治させることが難しいのですが、適切な治療をすればうまくコントロールすることが可能です。 主な治療方法としては、薬物療法や外科的治療、食事療法などがあります。 その中でも薬物治療が最も一般的で治療への第一歩となるもので、特にテグレトールは第一選択薬として使われます。 基本的に、てんかんの治療薬というのは、発作を抑えることを目的としたものです。 てんかんを治す為の薬という訳ではありません。 基本的には、1種類の薬を飲み続けることで治療を行います。 1種類の薬での治療で効果が上がらなければ、他の薬に切り替えることになるのですが、最終的にはやはり1種類の薬での治療を目指すことになります。 治療薬にも副作用があり、個人差はありますが長年にわたって服用する中で、重篤な副作用を表す方もいらっしゃいます。 治療の効果を上げることも大事ですが、それによって、副作用が重くなる様であっては、患者さんにとっては良いこととはいえません。 発作を抑えることの次ぐらいに副作用を最小限に抑えることも大事となってきます。 また、治療にあたっては、患者さんの人生や生活の質をいかに良いものに保っていけるかが重要となります。 てんかんには、社会的に偏見もあり、学校や職場での差別を受けている患者さんも多くいるのが実態です。 周囲の人々がてんかんに対する正しい知識を身に付け、患者さんが不安を感じたり、不快に感じたりしない様に十分に気を配ってあげる必要があります。 長い期間にわたって治療を続けなければならない患者さんの気持ちを周囲が少しでも理解し、できるだけサポートしましょう。 フォローが必要な場面では適切なフォローを行うことで患者さんの病気との付き合い方も楽になっていくのです。

2019年06月24日
もし身近な人にてんかんの疑いがあるなら検査を

てんかんは、繰り返し発作の起きる病気ですが、発作を起こした本人に発作時には意識がないことが多いので、身近なところで発作時の状況を確認していた人と診察を受けることで、より詳しい症状を医師に伝えることができます。 スマートフォンの動画機能などを利用したりして、可能な限り発作時の状態を伝えましょう。 てんかんと類似した他の病気が原因での発作の可能性もあるので、実際にてんかんかどうかの診断は、必要な検査を受けた後で初めて確定することができます。 確定診断の為に必要な検査として、最も重要なものは脳波検査です。 発作時には通常の脳波とは異なる発作波と呼ばれる特徴的な脳波が記録されます。 脳波検査でも、脳の奥深い場所でてんかん発作が起きている場合は発作波として捉えにくい場合もあります。 また、発作波も頻繁に現われている訳ではない場合もあります。 このことからも、脳波検査は1度ではなく、何回かにわたって行われることとなります。 また、専門病院でないと受けられませんが、ビデオ撮影によって、発作の状況と脳波を同時に記録できる長時間記録ビデオ脳波モニター検査という検査もあります。 長時間にわたってモニターする必要がある為、この検査には入院が必要となります。 大脳の中の状態を詳しく見る為には、CTやMRIなども利用されます。 血流量などの脳の働きを観察できるSPECTや、脳内での酸素や糖の消費量から脳の働きを調べるPETなどを用いればより詳細な脳の活動状況が確認できます。 これらに加えて、心理面や臨床面での検査が加わることもあります。 いずれにしろ、本人には発作を起こしている時に意識がない場合が多いので、周囲の人の対応は大きな意味を持ってきます。 もし身近な人がてんかんかもしれないと思ったら、早く検査を受ける様にアドバイスする必要があります。

2019年06月09日